メルセデス・ベンツがラーメンを販売するという話

ベンツと言えば、ドイツの自動車会社で日本人にとっては高級なブランドイメージがあると思いますが、そのメルセデス・ベンツがラーメンを販売するということで話題になっています。なぜ自動車会社が、そしてなぜよりにもよって高級車を扱うベンツがラーメンを提供することとなったのでしょうか? メルセデス・ベンツ日本の広報担当者によりますと、ベンツのお高いイメージを払拭したいという考えがあり、それで日本人の国民食とも言えるラーメンを提供し始めたそうです。では、実際にどんなラーメンを提供しているのかと言いますと、西洋風の魚介スープのラーメンと鴨の生ハムスープを使ったラーメンの二種類でお値段は税込みで1200円とのこと。うーん…これは本格的と言いますか、凝りすぎな感じもしますね。値段も結構しますし、これではベンツの高級そうで近寄りがたい雰囲気そのままという感じもしないでもないです。このラーメンは東京六本木にあるMercedes-Benz Connectionの中で食べられるとのことです。なお12月25日までの期間限定ですので、興味のある方はお早目にどうぞ。